クリニックスタッフの研修制度[2019年04月30日]

通常、従業員のモチベーションを高めるために、給与や福利厚生の充実が大切だと考えられています。 しかし、技術職である医療機関のスタッフのモチベーションとして、給与だけではなく、仕事のやりがいやキャリアアップを重視する傾向が強いと言われています。 クリニックのスタッフがキャリアアップを図っていくために、どのような取り組みを行っていくとよいのでしょうか。 安全対策のための取り組み 医療ミスの原因……

詳細を見る

クリニック働き方改革(有休について)[2019年04月30日]

2018年6月に、働き方改革関連法が参議院で可決、成立しました。 働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案では、時間外労働の上限規制や割増賃金率、年次有給休暇、労働時間の状況の把握などが挙げられています。 今回は、上記のうち年次有給休暇について調べてみました。 年次有給休暇取得の義務化 2019年4月1日から、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、5日について、毎……

詳細を見る

開業医の年金について[2019年04月1日]

クリニックを開業する時に忘れてはいけないのが、開業医の老後資金計画です。 個人事業主の開業医には退職金がなく、勤務医と違って厚生年金もありません。国民年金だけでは、遺族年金や障害年金が厚生年金加入者よりも手薄となります。また、老後の生活に少々不安が残るかもしれません。 クリニックを開業する場合、国民年金に加えて、任意加入できる私的年金に加入しておくことをおすすめします。 任意加入できる私的年……

詳細を見る

クリニックスタッフの離職率を下げるには?[2019年04月1日]

クリニックの運営では、スタッフの離職率が高い場合、患者様へ行き届いたコミュニケーションを取ることができず、集患率の低下につながります。 また、離職率が高いと、求人募集に時間とコストがかかり、新たなスタッフが仕事を覚えるまで、他のスタッフにも負担がかかるという悪循環に陥ってしまいます。 スタッフの離職率を下げるために、どのような点に気を付けていけばよいのでしょうか。 女性のライフステージに合わ……

詳細を見る

クリニックスタッフの休暇制度[2019年04月1日]

クリニックでスタッフが安心して働くために、クリニックの休暇制度を充実させることは大きなポイントとなります。ただ、少ない人数で運営している場合、スタッフの希望通りに有給休暇を取得することが難しいという問題も起こります。 クリニックの運営に影響がないよう、スタッフの休暇制度を充実させるために、どのような点に気を付けていけばよいのでしょうか。 法定休暇と特別休暇 休暇には、「法定休暇」と「特別休暇……

詳細を見る

クリニックの節税対策[2019年03月21日]

クリニックの経営が軌道に乗り利益が多くなってきたときに、ふと気になってくるのが税金負担の重さではないでしょうか。 税金は「所得金額」と「税率」をかけたもので計算されるため、「所得金額」と「税率」を下げることができれば、節税対策となります。 具体的にはどのような点に気を付けていけばよいのでしょうか。 経費は忘れずに計上する 経費計上できるものは、細かいものも忘れずに計上していくようにしましょ……

詳細を見る

クリニック医療法人化のメリット・デメリットは?[2019年02月24日]

クリニックの経営は、個人経営と医療法人の2種に分けられます。 通常、開業時には個人経営で始めて、経営が安定してから医療法人を設立するという流れが一般的です。開業時や開業1年未満で医療法人化の申請をしても、受理されることが難しいようです。また、将来の展望なども踏まえて、よく検討することが大切です。 クリニックで医療法人化を申請する場合のメリット・デメリットについて、調べてみました。 クリニック……

詳細を見る

クリニックの退職金制度はどうすればいい?[2019年02月24日]

クリニックは個人事業主として経営している場合が多く、必ず退職金を払わなければならないという規程はありません。基本的に退職金などの制度自体がなく、院長次第ということも多いです。 しかし、退職金制度を作ることで、クリニックへの帰属意識を高め従業員が安心して長く勤務できるということもありますし、事業主にとっても節税できるケースもあります。 クリニックで退職金制度を作る場合、どのような点に注意すればよ……

詳細を見る

クリニックの福利厚生はどうすればいい?[2019年02月24日]

福利厚生には、法律に基づく「法定福利厚生」と、「法定外福利厚生」の二つがあります。 「法定福利厚生」とは、社会保険(健康保険・厚生年金)と労働保険(雇用保険・労災保険)のことで、「法定外福利厚生」とは、社内旅行や食事会等のことです。 スタッフを雇用する際、「法定福利厚生」にあたる社会保険が充実しているかどうかは、重要なアピールポイントになるでしょう。 クリニックで法定福利厚生を設ける場合、ど……

詳細を見る

医師国保と協会けんぽの違い[2019年02月16日]

日本では国民皆保険といって、全ての人がいずれかの医療保険に加入しなければならないことになっています。 クリニックが加入できる健康保険には、医師国保(医師国民健康保険)と協会けんぽ(全国健康保険協会)があります。 「医師国保」と「協会けんぽ」それぞれの加入条件やメリット・デメリットについてみていきたいと思います。 医師国保の加入条件 医師国保は都道府県ごとにあり、医師国保組合があります。 ……

詳細を見る

1 2 3 7
▲このページのトップに戻る