クリニック医療法人化のメリット・デメリットは?[2019年02月24日]

クリニックの経営は、個人経営と医療法人の2種に分けられます。 通常、開業時には個人経営で始めて、経営が安定してから医療法人を設立するという流れが一般的です。開業時や開業1年未満で医療法人化の申請をしても、受理されることが難しいようです。また、将来の展望なども踏まえて、よく検討することが大切です。 クリニックで医療法人化を申請する場合のメリット・デメリットについて、調べてみました。 クリニック……

詳細を見る

クリニックの退職金制度はどうすればいい?[2019年02月24日]

クリニックは個人事業主として経営している場合が多く、必ず退職金を払わなければならないという規程はありません。基本的に退職金などの制度自体がなく、院長次第ということも多いです。 しかし、退職金制度を作ることで、クリニックへの帰属意識を高め従業員が安心して長く勤務できるということもありますし、事業主にとっても節税できるケースもあります。 クリニックで退職金制度を作る場合、どのような点に注意すればよ……

詳細を見る

クリニックの福利厚生はどうすればいい?[2019年02月24日]

福利厚生には、法律に基づく「法定福利厚生」と、「法定外福利厚生」の二つがあります。 「法定福利厚生」とは、社会保険(健康保険・厚生年金)と労働保険(雇用保険・労災保険)のことで、「法定外福利厚生」とは、社内旅行や食事会等のことです。 スタッフを雇用する際、「法定福利厚生」にあたる社会保険が充実しているかどうかは、重要なアピールポイントになるでしょう。 クリニックで法定福利厚生を設ける場合、ど……

詳細を見る

医師国保と協会けんぽの違い[2019年02月16日]

日本では国民皆保険といって、全ての人がいずれかの医療保険に加入しなければならないことになっています。 クリニックが加入できる健康保険には、医師国保(医師国民健康保険)と協会けんぽ(全国健康保険協会)があります。 「医師国保」と「協会けんぽ」それぞれの加入条件やメリット・デメリットについてみていきたいと思います。 医師国保の加入条件 医師国保は都道府県ごとにあり、医師国保組合があります。 ……

詳細を見る

クリニックの人事考課(昇給・賞与)[2019年01月28日]

「人事考課」とは、個々のスタッフの仕事への取組みを適切に評価し、その結果をもとに昇給や賞与を決定するためのものです。ただ、医療機関では、一般企業に比べて人事考課を導入しているところが少ない現状です。 クリニックで人事考課を導入するメリットはどのような点か、また、導入する際の注意点についても考えてみたいと思います。 人事考課を導入するメリット クリニックは少人数のため、経営者である院長先生がス……

詳細を見る

クリニックの採用募集[2019年01月28日]

最近の雇用情勢では、看護師や医療事務は売り手市場となっており、採用募集をかけてもなかなか良い人材が集まらないということが多いようです。 クリニックは少ない人数で効率的に業務を行う必要があるため、スタッフ一人ひとりの質が大変重要となります。患者様に寄り添い、しっかりと業務を行う質の高い人材を採用したい場合、どのような点に気を付けていけばよいのでしょうか。 求人募集で「経験者歓迎」は必須ワードなの……

詳細を見る

クリニック人事労務のお悩み<スタッフ同士のトラブル>[2019年01月28日]

クリニックを運営していく上で、避けて通れないのが、スタッフ同士のトラブル。 新人スタッフを採用しても、すぐに辞めていくことが続いている、スタッフ同士の雰囲気がギスギスしている・・・など、クリニックの院長として気になることはないでしょうか? クリニックでスタッフ同士のトラブルがありそうな場合、どのような点に気を付けていけばよいのでしょうか。 スタッフの不満やトラブルに気づけているか 和やかな……

詳細を見る

クリニック人事労務のお悩み<就業規則の変更>[2019年01月28日]

労働基準法によれば、常時10人以上の労働者を使用する事業場は、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る必要があります。そして、就業規則を変更する場合にも、法律が定められており、所定の変更手続きが必要となります。 クリニックで就業規則を変更する場合、どのような点に気を付けていけばよいのでしょうか。 就業規則の変更が必要となるケース 1.社内ルールを変更する場合 就業時間の変更や新たな制度……

詳細を見る

クリニック人事労務のお悩み<障害者雇用>[2019年01月9日]

障害者が地域の一員としてともに生活できる社会を実現するため、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があります(障害者雇用率制度)。 平成30年4月1日より障害者の法定雇用率が2.0%から2.2%へ引上げになりました。 また、併せて対象となる事業主の範囲が従業員45.5人以上に広がり、対象となる事業主は、毎年6月1日時点の障害者雇用状況をハローワークに報告しなければなりま……

詳細を見る

クリニック人事労務のお悩み<最低賃金に抵触した場合>[2019年01月9日]

クリニックにおける労務関係のリスクとして、気が付かないうちに、最低賃金に抵触していたというケースがあります。 最低賃金は「最低賃金法」という法律で定められており、都道府県別で金額が異なっています。仮に最低賃金額より低い賃金を労働者、使用者双方の合意の上で定めても、それは法律によって無効とされ、最低賃金額と同額の定めをしたものとされます。 最低賃金に抵触した場合、最低賃金額との差額を支払う義務が……

詳細を見る

1 2 3 6
▲このページのトップに戻る